https://mozillagfx.wordpress.com/2017/09/21/introduction-to-webrender-part-1-browsers-today/

ServoのWebRenderを例にしてメジャーブラウザのレンダリングの仕組みについて解説している。 frame treeと呼ばれる各要素ツリーのレイアウト結果から、display listと呼ばれるフラットな描画コマンドを作成する。その描画結果をlayerに乗せ、最後にlayercompositingで合成する。 各ブラウザに差異はあるが描画と合成を分けるという手法は、現在のウェブブラウザでは取り入れられている。