https://dev.to/arcanis/introducing-yarn-2-4eh1

Yarn 2について。 Yarn v1はlegacyになり、今後のStableはv2(berry)に切り替わる予定。 デフォルトでCacheをリポジトリに配置するように変更、CLIの出力の変更、npxと同じようなyarn dlxの追加、patch:/portal:の対応。 Workspaceのコマンド改善、Workspaceの検証をするConstraintsの追加。 パッケージごとにビルドするかを設定可能に、yarn runでOS間のシェルの違いをノーマライズするように、Lockファイルのフォーマット変更、パッケージはRead-Onlyに変更など

関連URL