https://webkit.org/blog/12140/new-webkit-features-in-safari-15-2/

Safari 15.2の変更点について。 Wasmで利用可能なメモリが4GBに拡張、COOP/COEP HTTPヘッダをサポートし、crossOriginIsolated時はSharedArrayBuffer/Wasmスレッドが利用可能に。 CanvasでcolorSpace: "display-p3"をサポートなど