https://github.com/solidjs/solid/blob/main/CHANGELOG.md#130---2021-1-5

Solid 1.3.0リリース。 renderToStream APIを追加し、HTML Streamingの対応、Error BoundariesをSSR時でも機能するように。 hydrate関数がrenderIdをサポートし、複数のSolidアプリをそれぞれhydrateできるように、createReaction APIの追加など。 また実験的なAPIとして、enableExternalSourcerefetchResourcesの追加など