https://nodejs.org/en/blog/vulnerability/jan-2022-security-releases/

Node.jsのセキュリティ修正が12.x, 14.x, 16.x, 17.x それぞれでリリースされている。 Subject Alternative Name (SAN)に関する修正が2つ含まれていて、この修正は--security-revertフラグで戻すことができる。 また、Relative Distinguished Namesの扱いに関する修正やconsole.tableのPrototype Pollutionの修正が含まれている

関連URL