https://fakerjs.dev/update.html

Faker.jsはコミュニティでのメンテナンスとなり@faker-js/fakerとしてForkされた。 ForkではVersion 6 alphaの開発を進めていて、TypeScriptに書き直し、ドキュメントサイトの公開されている。 また、Open Collectiveを使ったFundingについて