https://zenn.dev/teppeis/articles/2022-07-npm-dual-pacakge-cjs-proxy

Viteが利用してるCJSとESMをdual packagesに対応する手法について。 CJSからESMを扱うために、非同期な関数のexportはDynamic Importsを含むラッパーを公開し、同期的な関数のexportはesbuildなどでbundle済みのものを公開する