https://shopify.engineering/javascript-in-webassembly-for-shopify-functions

JavaScriptをWasmにして実行する仕組みについて。 QuickJSを使いJavaScriptをByteCodeにしたscript.wasmを作成し、QuickJS.wasmと動的にリンクして大部分を共有している。

Shopify Functionで利用されるが、非同期処理の制限や5ms未満での実行制限がある。現在はRustで作成したWasmより3枚ていど遅いが、今後はSpiderMonkeyの利用やJITについてやっていく。

関連URL